<*meta name="keywords" content=" * アメリカ生活日記 * Yes,Virginia, there is a Santa Claus







Yes,Virginia, there is a Santa Claus 


ちょっと暇なのでブログの更新。
毎日、お天気が悪くてお日様が恋しく感じる今日この頃です。

話は変わって、、、、
私、コマーシャルってとっても面白いなと思うのです。
特に好きなのがMacy's(アメリカの大手デパート)のCM。
今年のホリデーシーズン(クリスマス)のコマーシャル。
といってもひとつだけではなくていくつも違うCMが
流れているのですけどね。お気に入りはこれ↓



涙もろい私はこのCM見るたび、うるうるしてしまいます。

これ、でも最初、ただのCMなのかと思ったら違うのですね。

1897年に当時、8歳だったVirginia O'Hanlonという女の子が
ニューヨークの新聞社 The Sun 宛てにこんな内容の手紙を送りました。

「友達の中にはサンタなんていないっていう子がいるのだけれど
パパはThe Sunにそう書いてあればそうだって、、、、
本当のことを教えて。サンタはいるの?」

この手紙を受け取ったThe SunのエディターFrancis Churchがこれに答えて
新聞に載ったのがこんな内容。
面倒なので英語のまま訳さずそのまま、コピぺします。

Virginia, your little friends are wrong. They have been affected by the scepticism of a sceptical age. They do not believe except they see. They think that nothing can be which is not comprehensible by their little minds. All minds, Virginia, whether they be men's or children's are little. In this great universe of ours man is a mere insect, an ant, in his intellect, as compared with the boundless world about him, as measured by the intelligence capable of grasping the whole of truth and knowledge.

Yes, Virginia, there is a Santa Claus. He exists as certainly as love and generosity and devotion exist, and you know that they abound and give to your life its highest beauty and joy. Alas! how dreary would be the world if there were no Santa Claus! It would be as dreary as if there were no Virginias. There would be no child-like faith then, no poetry, no romance to make tolerable this existence. We should have no enjoyment, except in sense and sight. The eternal light with which childhood fills the world would be extinguished.

Not believe in Santa Claus! You might as well not believe in fairies! You might get your papa to hire men to watch in all the chimneys on Christmas eve to catch Santa Claus, but even if you did not see Santa Claus coming down, what would that prove? Nobody sees Santa Claus, but that is no sign that there is no Santa Claus. The most real things in the world are those that neither children nor men can see. Did you ever see fairies dancing on the lawn? Of course not, but that's no proof that they are not there. Nobody can conceive or imagine all the wonders there are unseen and unseeable in the world.

You tear apart the baby's rattle and see what makes the noise inside, but there is a veil covering the unseen world which not the strongest man, nor even the united strength of all the strongest men that ever lived, could tear apart. Only faith, fancy, poetry, love, romance, can push aside that curtain and view and picture the supernal beauty and glory beyond. Is it all real? Ah, Virginia, in all this world there is nothing else real and abiding.

No Santa Claus! Thank God! he lives, and he lives forever. A thousand years from now, Virginia, nay, ten times ten thousand years from now, he will continue to make glad the heart of childhood.

CMの中で有名人たちがしゃべっているセリフはこの新聞の中からの言葉だったのですね。

私はサンタは小学4年生くらいまで信じていました。確か、、、
5年生の時に夜中、そーっとプレゼントを置きに来たママを見てしまったのです。
でも、薄目で寝たふりしていましたけど。

うちはリアナはどうやら半信半疑みたいです。
やっぱりクラスにいるのですよね、サンタなんていないって言う子が。
でも、信じて欲しいと思うのです。もうちょっと大きくなるまでは。
サンタとか妖精とかそういうの信じる気持ちとっても大切だと思うから。
見えないものを信じるって難しいことでもあるのだけれど。
でも、子供は見えないものでも信じることができると思うのです。
きれいな心、純粋だから。

ツリーの下も小さなプレゼントでほんのちょっとにぎやかになりましたが
まだまだ寂しい感じ。でも、昨日、子供たちが帰ってくる前に
ある人(サンタ 笑)からいっぱいのプレゼントが届いたのです。
子供たちがお休みにはいる前でないと見られちゃうからと
ぎりぎり昨日、金曜日にもって来てくれたのです。
いっぱいで隠すのに大変でした。
25日の朝はツリーの周りはサンタさんからのたくさんの
プレゼントでいっぱいになります。
きっと子供たちは大喜びするはず。

来週はサンタさんへのクッキーも用意しなくては(笑)
関連記事
[ 2008/12/21 03:23 ] 未分類 | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://erinasdiary.blog76.fc2.com/tb.php/621-7e6afd38





Blog Widget by LinkWithin