<*meta name="keywords" content=" * アメリカ生活日記 * 秋・冬の家庭菜園







秋・冬の家庭菜園 

最近、雑誌やEco系ウェブサイトでは
EAT LOCAL (地元で採れたものを食べましょう!!)
という文字をよく目にします。

この間、ある雑誌を読んでいたらこんなことが書かれていました。


収穫されたお野菜や果物が実際にスーパーに届くまで1~2週間かかる。

そして更にまた棚に並べたりするのに時間がかかるのですよね。
アメリカのスーパーに初めて入ったのはもう10年以上も前。
旦那の両親のおうちに行ったときに旦那ママと一緒にスーパーに行ったのが初めて。
そのとき、「しな~~~~」となったお野菜を見てびっくりしたのを覚えています。
日本のスーパーのおつとめ品コーナーのお野菜より鮮度が悪い。

ちなみにファーマーズマーケットなんかで生産者が直接、売っているお野菜なんかは
ほとんどのものが24時間以内に収穫されたものなのだそうですよ。

地元で採れたものを食べるというのは単に新鮮で美味しいものが
食べられるからだけではなくって地元のファーマーさんたちを
サポートすることにもなるんです。
地元の人が買って食べてくれたらファーマーさんたちは
わざわざ遠くへ持って行って売る必要がなくなるわけですし
地元で売ればガソリン代もそれほどかからないし環境にもいい訳ですよ。

ちなみにずいぶん前から左のコラムにリンクを貼ってあるのですが
http://www.thedailygreen.com/ このサイトの左側にget local infoという欄があって
そこにZip Codeを入れると近くのファーマーズマーケットやファームを検索することができます。

随分、長くだらだら書いてしまいましたが、、、、

またちょっとお野菜を作ってみようと思って種をお水に漬けました。

畑は春と夏だけ~~なんて思っていたのですが秋・冬でも大丈夫な
お野菜もあるようでちょっと試してみることにしました。



ラディッシュ、水菜、ブロッコリー、小ねぎの4種類。
水菜なんかは今からでも大丈夫みたいです。

9102008-11.jpg

駄目もとでやってみます。
あと、白菜の種も探してそれも植えてみようと思って。

家庭菜園の野菜が1番新鮮ですからね。

何か秋冬に育てられるお野菜、知っている方いましたら是非、教えてくださいね。
関連記事
[ 2008/09/10 23:49 ] Kitchen Garden 家庭菜園 | TB(0) | コメント(-)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://erinasdiary.blog76.fc2.com/tb.php/571-a708c164





Blog Widget by LinkWithin