<*meta name="keywords" content=" * アメリカ生活日記 * やっと出会えた







やっと出会えた 


水曜日に我が家にやってきたもの、、、、

それは何ヶ月も何ヶ月も探し続けていたアンティークのパインテーブル。
イギリスのもののようです。



ダイニングとキッチンはヨーロッパの昔の田舎のおうちのような雰囲気にしたくて。
まだまだそんな雰囲気には程遠いですけどね。
床がカーペットじゃ余計に(苦笑)

882008-1.jpg

虫食いの跡でしょうか?

882008-3.jpg

パインテーブルは昔は庶民的なものでとてもチープな家具だったようですよ。

882008-5.jpg

引き出し付。

あ!でも引き出しがちゃんと閉まりません(苦笑)
天板の部分が少し反っているのでそのせいかも。

テーブルをガレージに入れてもらい梱包を開けてタオルを硬く絞って
きれいに拭いてあげてWATCOオイルを丁寧に塗ってあげました。
蒸し暑いガレージの中で頑張りましたよ。

882008-4.jpg

とっても手触りがいいのですよ。
だからテーブルの横を通るたびに天板をなでなで。
木の温かみを感じられるテーブルです。

100年も前のテーブル。
大切にされてきたものだから私も大切に使おうと思います。

え?
テーブル全体の写真がない?

ごめんなさーい。
全体の写真撮ると他のところ(見られたくないところ?)も写っちゃうから。

感じとしてはこんな感じです。
http://oldpine.jp/r407/r407.htm

本当、私、頑張った。
途中でくじけそうになったけど頑張って探し続けてよかった(大袈裟?)

他のことでもこのくらい頑張ることができるといいのですけどね。


次は椅子探し!



関連記事
[ 2008/08/08 21:18 ] アンティーク | TB(0) | CM(8)

おぉぉ~っ!

ウワサの大物っていうのはこれだったんですね!
木の色合いといい、虫食いの感じといいとっても素敵♪
引き出しの取っ手の金具もまたいい感じだわぁ。。。

クリーンアップご苦労様でした~。
この時期にガレージで仕事するのは大変ですよね(汗)
我が家にもリフィニッシュしなければならないソリッド
メープルのドレッサーがあるのですが、もうちょっと
涼しくなってから取りかかろうと思ってます。

この子はきっとえりなさん家に嫁いで幸せですよ。
一生懸命かわいがって、子供達から孫にも引き継いで
もらって200歳を迎えられるといいですね。
[ 2008/08/08 10:10 ] [ 編集 ]

みーちゃん

これこれこれよ~~
いい感じでしょう?(笑)

木の古いものは何ていうのか、、、、
ちょっとくらい汚くても痛みがあっても蘇りますよね~~。
引き出しはねかなりほこりがたまって汚れていたんですよ。

もう、テキサスなんて今の時期、ガレージはサウナ状態でしょう?

あぁ~ん、ドレッサーも欲しいわ!
マスターベッドルームベッドしかないし(苦笑)

このテーブル大切にします。
子供たちも何だかねテーブルが来てからいつもは
リビングのコーヒーテーブルでジュース飲んだりしていたのに
何故かこのテーブルで飲んだり食べたりしています(笑)
[ 2008/08/08 13:00 ] [ 編集 ]

木の肌触りはホントに優しい・・・

お元気そうで何よりです♪
(何が届くのかなぁ~?)と、気になっていたら・・・
100年も経つのですか?木の寿命は信じられないほど長いですね!
 幸せなテーブル、これからも、えりな家でずっと一緒に大切に使われるんだね。
(物を大切にすることを、しみじみと考えさせられました)

我が家にも職人さん手作りの「長椅子&丸いテーブル」があり、松の木で出来ています。
やっぱり肌触りが良くて、ここでお茶するのが好き!

えりなちゃんの撮る素敵な写真の数々に、とても癒されてます。



[ 2008/08/08 15:43 ] [ 編集 ]

いいな~~~!

Erinaさん、おはようございます!

この事だったのですね♪
とってもいいです^^

私も実はダイニングテーブルの古いものを
今欲しいなと思っている所なのです・・・。
今のモノも大きくてとっても便利なのですが
現代のモノでちょっと飽きてきてしまい・・・・。
そんな時だから尚更、羨ましい限りです^^
だんだん時を経てまた飴色のように変化していく
テーブルの色、魅力的ですね!!

それから例のもの到着楽しみです☆
[ 2008/08/08 16:34 ] [ 編集 ]

ママさん

こんばんは。
そうなんですよ。
100年も前のテーブル。
そんな古いものが今までこうやって残ってくれていたこともとっても嬉しいですよね。

私はアンティークのものが大好きなのですが
アンティークをこうやってまた使ってあげることは
リサイクル=エコにもつながるのではないかと思います。

ママさんのおうちのテーブルもパインなんですね。
パインは柔らかくて傷もつきやすいし凹みやすいけど
でもそのやわらかさがとても気持ちいのかも知れませんね。
職人さんの手作りなんてまた特別ですね!
[ 2008/08/08 20:31 ] [ 編集 ]

Hiinaさん

こんばんは~。

え~、Hiinaさんもテーブル探しているところでしたか?
うちで今まで使っていたテーブルは9年くらい前に買ったものですがやはりこのパインのテーブルよりも大きくて。
しかもガラスの天板にアイアンの脚だったのでね(苦笑)
今とはちょっと違うテイストでした。
そのテーブルは2階の作業部屋に押し込みました~(笑)

このテーブル、もともとは白い感じだったんでしょうね。
塗装されていない家具って時が経つにつれて素敵に変化しますよね。
自分も素敵に古くなりたいです!

[ 2008/08/08 20:40 ] [ 編集 ]

いまさらですが・・・(汗)

コメント欄を閉じられたあとで・・・すみません。
実は、最近新しい記事の更新がないと画像がウマく表示されなくて(涙)テーブルの写真をやっと見ることが出来ました。みたらコメントしようと思ってたので・・・お許しを(笑)

こういう、木の素材を感じられる家具・・・大好きです。新しいときは白いパイン材が時を重ねるにつれて、茶色く変色していくのも味があって好き♪木の節の感じもいいですね。アメリカでは安価な木目調の家具で妥協してますが・・・こういう家具は持って帰れないと思うと・・・なかなか思いきれません。うらやましい~~~!イス探し、頑張って下さい。

私も日本に残してきたダイニングテーブルは大事にしているものの1つ。今は友達に使ってもらってますが、木の重厚感といい、素朴さといい・・・私が作ったご飯でも並べると気持ちがいい(笑)

木のぬくもりのあるお家って、ステキですよね!
[ 2008/08/10 07:10 ] [ 編集 ]

borarnさん

コメントありがとうございます。
大丈夫ですよ~(笑)

また、写真が出てこなかったのね。

木が変色していく様子ってとっても素敵ですよね。
私はパインがとっても好きでいつか床のカーペットも
パインのフローリングに変えるのが夢です。
ホームセンターのフローリングコーナーとか
時々、チェックしているのですが自分が思い描いているようなものがなかなかなくってね。

borarnさんも大切にしているテーブルがあるんですか。
本当、でもお気に入りのテーブルで食べるご飯はいつもよりも美味しいかも!

子供たちも何だか前のテーブルよりも気に入っているような様子でよくテーブルのところに座っているんですよ。
触っていて気持ちがいいのでしょうね。
[ 2008/08/10 09:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://erinasdiary.blog76.fc2.com/tb.php/545-efb642dd





Blog Widget by LinkWithin