<*meta name="keywords" content=" * アメリカ生活日記 * 外食するとどれだけ体に悪いか







外食するとどれだけ体に悪いか 




最近、あんまり外食の様子はブログにアップしませんが
相変わらず、週末は殆ど外食をしています。

普段、スーパーで買うものは殆どの物はオーガニック(またはNON GMO)の我が家ですが
外食、特にフランチャイズ系のレストランではまずオーガニックのものを使っている所は
ありませんしどのくらい体に悪いものを食べているかと言うのを昨日、Apple Beesで
食べたサンプラーを使って私の知っている範囲以内で説明したいと思います。


11102014-1.jpg


⒈ サルサソース
このサルサにはトマトが使用されているわけですがトマトは農薬が
多く使用されているお野菜の一つ。しかも多分、このトマトは缶詰の
トマトが使用されていると思うのですがその缶詰の内側にはBPAという
体に非常に悪いプラスティックがコーティングされています。

⒉ ケサディラ
このケサディラにはチーズやらが挟まっていますがチーズの原料となる
牛乳はオーガニックでないのでホルモン注射や抗生物質を注射されて
育った牛の牛乳が使われているわけです。それにおそらくその牛は
コーンを食べて育っています=遺伝子組み換えされたコーンを食べています。

⒊ モッザレラスティック
これもチーズですので上のチーズと同じです。

⒋ マリナラソース
これもトマトを使ったソースですのでサルサと同じような感じです。

⒌ セロリ
セロリもかなり農薬が使用されているお野菜です。

⒍ バッファーローチキン
チキンもホルモン剤や抗生物質の注射を打たれて遺伝子組み換えされた
コーンを食べて育っています。

⒎ ランチドレッシング
ここのランチドレッシングのレシピはちょっと分かりませんが
バターミルクを使ったりマヨネーズを使ったりしているものが
殆どだと思います。バターミルクは⒉の所で説明したチーズと一緒です。
ホルモン剤に抗生物質の注射、餌には遺伝子組み換えされたコーン。
マヨネーズを使っている場合は⒍で説明したのと一緒。ホルモン剤に
抗生物質の注射、そして遺伝子組み換えされたコーンを食べて育った
チキンが生んだ卵。マヨネーズには必ずSoy Bean Oilとキャノーラオイルが
入っています。どちらも遺伝子組み換えされたもの。

⒏ コーンのトルティアチップス
遺伝子組み換えされたコーンが使用されています。

ちなみにピンクの飲み物は旦那がオーダーしたストロベリーレモネードか何か。
多分、このピンクは自然な色でなくて人口の着色料とかあとは人口のストロベリーの
フレーバーが入っているように思います。それにスライスしたイチゴが何枚か
浮かんでいますがイチゴも農薬が多く使用されて育てているフルーツです。

とこんな感じで家では殆どオーガニックとか食べている我が家ですが外食すると
これだけ農薬で汚れたお野菜やホルモン剤、抗生物質などを体内に入れてしまっています。

そういえば日本では確か牛にホルモン剤(肥育ホルモン剤)を注射するのは
禁止されていますよね。日本の牛肉や牛乳はアメリカのものに比べると安全だとは思います。
何を食べて育てられているかまでは調べていないので分かりませんけど。

アメリカからの輸入の牛肉も日本のスーパーとかコストコなんかに
安い値段で並んでいると思いますが買って食べないほうがいいと思います。

我が家もせっかく家で安全なもの食べていてもこれじゃ、何かあんまり意味ないな~。

もっと外食を減らさなければ。


ランキングに参加しています。

クリックお願いします♪

banner.png






関連記事
[ 2014/11/10 13:10 ] | トラックバック(-) | CM(2)

悪影響*

動物、人間、環境、身体すべてにおいて悪影響!!(°Д°)ただ口にするだけでなく知っておくべきことが沢山あるんですよね。
[ 2014/11/11 02:14 ] [ 編集 ]

Re: 悪影響*

エルザさん

そうなんですよ!!
農薬とかそういうものはすべてのものに悪いんですよね。
本当にね、そういうものを同じ人間が平気で使用しているのが許せません!!
[ 2014/11/11 12:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




Blog Widget by LinkWithin